フランス人男性と恋愛でパートナーの倦怠期はあるの?

フランス人からみた結婚や恋愛の考えについていける柔軟さがある日本人女性が好まれる

フランス人は「結婚」を重視していないどころか、結婚生活を求めない人が多い。

 

社会保障の制度の違いで同棲していれば結婚しているカプルと同等の社会保障をすべて手に入れられるフランスならえはの考えなのですが。
最低限でも生活が保障されているから、同棲や結婚生活に「相手を好きでいる気持ち、愛している気持ち」が最も優先されるんです。

 

逆に相手に対する恋愛感情がなくなると、私の元夫のように急に冷たい態度になり、パートナーへの気持ちが冷めた、終わった、嫌いになったという毛の感がいっぱいの表情や言葉をむけてくるので、これもフランス人と婚活するときは十分承知したうえで出会い作りをしていったほうが身のためです。

 

結婚したから生涯安心できるということは全くありませんから。
フランス人の離婚率は約50%。

 

常に男女という意識を忘れないで外見も心も発展している必要があります。

 

夫婦間で倦怠期も必ず訪れるのですが、そのようなときもパートナーを愛しているという態度と言葉が必要になってきます。

 

夫婦生活が長くなると相手に対しての恋愛感情がだんだん消えていき、そばにいてくれるだけで安心という安心感や信頼感に変化していきますよね。
おだやかな生活がずっと続く。

 

不幸でないけど、それほど幸せもかんじなくなるそんな時期。

 

そういう夫婦の感情が変化していくときに、日本人の場合だったら子供がいればこどもへの愛情へ傾くし、夫婦の距離感も少し保とうと考えます。
でも特にこの2つには注意が必要。


注意!!フランス人の男性との恋愛で倦怠期は別れの前兆

フランス人は結婚していても夫である前に「一人の男性」なんです。
夫よりもたとえ子供だとしても他の人や、夫婦間の距離ができてきてしまうと、いずれ離婚につながります。

 

恋愛感情が豊かなフランス人。
特に人の揺れる感情には敏感に察知します。

 

私自身もこの「夫婦間の距離をとったことが離婚に至った大きな原因」の一つです。

 

夫婦間の恋愛の感情が薄れてきた。
そういう時に夫との距離をとって、夫からもっと自分に愛情をむけてくれるようにわざと冷却期間を設けてしまった。

 

でもそういう計算ずくめの距離感ってフランス人に通じないんです。
夫は

  • 「私が以前と変わった」
  • 「恋愛感情を疑ってきた」

 


これが毎晩、遅くバーや飲み屋で過ごすことが多くなり、日本人の友達も増えていき、最後には恋人をみつけて離婚に至ってしまいました。

 

これが私が日本的な「夫婦間で距離を置く」方法で相手の気持ちをもっと取り戻すと思いましたが、結果的に大失敗したことです。

 

 

東京経済ON LINEの記事にもありましたが、 「フランス人から見たら日本女性は不思議だ」に関するコメントがけっこう日本的な考えだなと思ういます。

 

これが日本に住むとなると、結婚に対する考え方が国が変わると違うんですよね。
日本的な結婚感覚でいるとフランス人との結婚生活も恋愛もいずれ終わりがくるのがみてとれます。

 

 

日本人側の意見:フランスと日本で結婚の意識が違うのは、福祉の発達度合から見ても当たり前。時短や育休などの制度が整っていない日本でシングルマザーとしてやっていくのは難しい。


 

 

フランス人の意見:恋人のときはもちろん、同棲中から夫婦になっても、きちんとオシャレをしてデートを楽しむなど常に夫婦の間に体の関係を含めた「愛のある生活を求める」のがフランス人


 

この違いを理解したうえでフランス人と友達作りや結婚を目標とした出会いを成功させていきましょう!


page top