遠距離恋愛が苦手なフランス人男性の性格

遠距離恋愛が苦手なフランス人男性の性格

フランス人男性とすでに遠距離恋愛している人が気をつけなければいけないこと。

 

それは「遠距離恋愛が苦手なフランス人男性」が多いということ。

 

中には遠距離恋愛が実ってパリで暮らしている日本人も少ないですがいます。
これは嬉しい事実!

 

でも実際は遠距離恋愛自体しない人たち。

 

フランス人の性格だとすぐに気になる人がいると同棲します。
この段階ではお互いそんなに好きという気持ちがいっぱいなくてもできることです。

 

何でかっていうと、同棲すれば四六時中いっしょにいることができる。
すぐに熱しやすいフランス人だから恋人といっしょにいることを望むわけです。
このときは彼女が第一優先なので、友達との関係は後回し。友達がいなくなっちゃう場合もあります。

 

いっしょに住んでいるから、相手のいいところも悪いところも含めてこの人といっしょに生活していけるか模索する期間が同棲なんです。

 

だから遠距離恋愛だとこの「同棲」ができないと相手のことをよく知ることができない。
熱しやすいフランス人だからこそ、冷めることになってしまいます。

 

同棲できないから、ふとしたきっかけで偶然に街中で出会うフランス人に恋してしまうこともあります。
で、結果、遠距離恋愛している日本人女性とは別れが生じてしまう。

 

 


遠距離恋愛になっても付き合いたいと思える方法は?

同棲する前に体の関係をもつのもフランス人の性格の大きなポイント。

 

フランス人にとって、相手のことを好きだから体の関係をもつのではなく、この先付き合えるのかどうか見極める方法の1つ。
だから日本人のように「好き」とか「恋人の関係」だから体の関係をもつと思わないようにすることが肝心。

 

体の関係が合わなければ遠距離恋愛になってまでも付き合おうと思わないし、同棲することもありませんね。

 

ここでいう体の関係っていうのはどういうこと?
って思う人もいるので、少しだけフランス人男性とのHについてお伝えしておこうと思います。

 

 

フランス人が気にする体の関係ってHをする事実は結果論なんです。
1人になったときに後から思い出して、あの人とのHはよかった!って思えることが結果論。

 

だから遠距離恋愛してまでもこの人と付き合いたいと思わせる大きなポイントはHの相性です!

 

 

フランス人がポイントにする体の関係

 

例えば、フランスのロマンス雑誌で言われているのを参考にすると

 

  • 自分が感じる箇所を相手の表情をみて楽しみながら探りあう
  • 女性側も積極的にフランス人の男性の体を知り尽くす=いつも女性側が〜される側の一方的な行為はマンネリにつながります
  • 仕事とHの関係は関係ない=仕事で疲れたからHしないという理由はない

 

Hの共同作業を常にシェアできることが同棲へ発展するポイントを大きく占めてます。
それぐらい体の関係は大切にします。

 

その点、そういう行為ができない遠距離恋愛だと、必然的に二人の関係は長く持ちません。
遠距離恋愛で成功する人はあくまでも稀な存在です。

 

それでも遠距離恋愛を何年もフランス人男性と続ける勇気がありますか?

 

不安であれば、フランス語を勉強してお金をためて早く彼のいるフランスへ留学することをオススメします。
そうしないと彼を失っちゃいますよ。


page top