フランス人男性には恋愛の駆け引きは通用しない?!

ホントにフランス人の男性の恋愛では恋の駆け引きは通用しない?

フランス人の男性は、ロマンチストとかアムール(恋愛好きな)人たちと言われてます。

 

うん、確かにそのとおり。
真面目な出会い系のサイトやセカンド探しの出会い系サイトでも登録者とオンラインで相手を探している人は平日の日中でもすっごくいます。

 

(実際にフランスの出会い系サイトMeetup他に登録してみると実感できると思いますが、この人たち平日の日中で仕事している時間でも女性探しやっているの?って思うほど、チャットやオンラインメッセージがじゃんじゃか届きます・・。)

 

それほど女性と出会いを探しているフランス人の男性は多いのは事実なんですが。

 

気になるのは何回かお試しデートする時に、日本でよく言われているように「恋の駆け引き」はフランス人の男性と恋愛する時には通用しない、というかいらないという人たちもいますが、それって本当かどうかここで検証したいと思います。

 


フランス人も実はやっている日本式「恋の駆け引き」の事実

「恋の駆け引き」を調べると、片思いの相手に対して、自分の恋愛感情の気持ちを適度に押したり引いたりすることで、自分への恋心をしむけることですよね。

 

よく言われるのが、単なる男性の友人に対して見せる行動とちょっとした違いを気づいてもらうことで、その男性の相手に自分のことを意識させることから始まりますよね。

 

これを自然に何も考えないでできる女性と、男心をよく研究している日本人女性がいますよね。

 

結果からいうと、気がないように見せながら「うん?」って感じの印象を片思い中のフランス人の男性に与えて、自分のことをその人の心の中にお試しデートする度に徐々に印象づけるのがすっごく効果的です。

 

男性は追いかけると逃げるので、あくまでもきっかけは女性から与えて、あとはちょっとずつ男性に追っかけさせる(気にかけさせる)女性を演じるのが成功しやすいです。
フランス人の男性は、自分が恋したら側行動に移すので、<恋の駆け引きをしない、いらない>という人も多いのですが、女性が先に片思いした場合には、男性を振り向かせる必要が当然生じます。

 

ここで相手に気づかれないように「恋の駆け引きのテクニック」を使うのです。
そして、男性から「J'ai des sentiments」 (好きだよ、君に恋している) と言わせることができればうれしいですよね。


だから日本式の恋の駆け引きのテクニックのマニュアルはフランス人男性にも効果的!

日本で言われている片思いしている男性に自分の存在に気づいて好きになってもらうテクニックはフランス人の男性にも効果的であることが理解できたところで、どういうことを具体的にすればいいのだろうか?って思います。

 

 

 

個人的に、30代後半でフランス人の元夫と離婚してから、これから先日本にいてどのようにしてフランス人の男性と出会いに成功して、彼氏をみつけるか本当に試行錯誤で時間も費用もいっぱい使いました。

 

その結果、やっと日本式の恋愛テクニックをこっそり使うことで、今のフランスに住む彼氏と真面目な交際に発展させました。

 

山あり谷ありで簡単に彼氏といい関係を気づき上げるのはカンタンとは言いませんが、十分やってみる価値はあります。
恋もやはり本人の努力が必要だし、ある程度の自分にかける費用も時間も当然必要になります。

 

フランス人の男性との出会いに本気であったらそれぐらいの投資は当たり前です。

 

 

ネットで探せばいろいろ恋の駆け引きのテクニックについてはすぐにヒットしますが、どの情報を信じればいいのか最初は分かりませんでした。
だから恋愛コーチングの人にも相談したし、フランス人と結婚している日本人女性の友人にも相談したし、ネットや本にでている恋愛成就のテクニックについても知識をいれました。

 

その結果、共通して言われているポイントがあることに気づいたので、次にまとめておきます。
ここに記載したことは、今のフランス人の彼氏に出会って、今後も長く深くお付き合いできる女性を探していた彼に出会うまでに全て実行したことです。

 

フランス人男性にも効果のある日本式恋の駆け引きのテクニックの共通ポイント

 

  • 楽しそうな会話をしている最中でも、時折気になるフランス人男性には口数を減らしたり、相手の話に集中して微笑んでみる。
  • 相手の目を時折じっくり見て話す。(もしここで相手のフランス人の男性がスマイルしてきたり、そわそわしたりする感じがあれば、女性の存在にちょっとドキドキしている感じがあり、いい傾向です。)
  • 話の内容にもよりますが、ちょっと下ネタ系とか、恥ずかしい話題の時は、ちょっと下を向いて恥ずかしい素振りをジェスチャーを交えてトークしたりすると、大人の女性のファッションをしているけど、反対に「かわいらしい女性っぽい性質ももっているんだな」と思わせることができます

    相手の男性の話を最後までよく聞くこともいいです。話の腰を折ったり、最後まで聞かない女性はやはりフランスでも強すぎる女性として恋愛対象にはなりません

 

上記の簡単なポイントの積み重ねが多くなるほど、相手のフランス人の男性の感情の中に、ある特定の女性の存在が少しずつ大きくなるわけです。
これがフランス人男性にも使える日本式恋の駆け引きの最初のポイントになります。

 

そういうことができてから、次の恋の駆け引きのテクニックで、女性の外見やしぐさ、知識や教養に興味がでてきて、恋せずにはいられなくなるので、フランス人の男性は衝動的に恋に陥るとよくいわれるのでしょうね。

 

 

 

恋の駆け引きについてはいろいろなレベルがあるので、詳しくは私も実際に過去に参考に使った国際結婚のマニュアルもみるともっと具体的に書かれています。

 

目的が彼氏をみつけることでなく、彼氏をみつけて国際結婚するまでのマニュアルなので、もっと詳しくポイントが書かれているのは当然ですね。

 

国際結婚マニュアルはコチラ

 

フランス人だちは本来個人主義なので、友達の意見に左右されないとよく言われてますが、恋に関してはそうでもないですね。

 

最終的に相手の女性と付き合うと決めるのはその人次第ですが、その前にいろいろ友達に恋バナトークや相談事をしています。
フランス人の友達同士では、恋バナトークは基本中の基本ですからね。

 

相手の女性と付き合いたいんだが、彼女のことをどう思うか?など客観的な意見を友達だったら求められます。
だから個人主義といわれていても、恋の話や相談については真面目に話にのるフランス人が多いです。

 

(もちろん友達同士の場合に限りますが。単なる知人の場合は、適当に話をそらすか、分からないといわれるだけです。)


page top