フランス人との出会いはの不倫、浮気から!

フランス人不倫や浮気は日常茶飯事だけど日本人と違う意味

フランス人は恋多き人とはよく言われます。
恋人がいても奥さんや子どもがいて結婚していても、現パートナーとの愛が冷えかけていると浮気や不倫をするのもフランス人にとっては当たり前の行為です。

 

なんだフランス人て相手の気持ちや子どもの気持ち、家庭をもっている責任も考えずに自分がやりたいことだけやっているんじゃんと思うけど。

 

そうでもここで考えなければいけないのは、不倫ってことばがフランス語にはないんです。
「愛人=amant(e)」って言葉ならあるんですけどね。

 

なぜかって理解するのに結構フランス人の生活にどっぷりつからなかければ実感できませんでした。

 

日本人の既婚者がする浮気や愛人の意味

 

 

日本人の場合、結婚していて奥さんや子どもとの関係で和やかでトラブルない穏やかな家庭を送っている人っておおいですよね。
いっけん幸せそうにみえるごく普通の日本の家庭。
でもこういうほうが浮気や不倫する確率が大きいんです。

 

理由は、夫婦間の「なれ合い」。

 

夫婦の仲はいいけど、そこにスリルを味わうようなスパイシーさを求めるのが日本人に多いです。
体の関係は愛人で満たされているわけだし、家庭には問題ないということですね。

 

セックスレスの家庭も日本に多いですからね。

 

だから家庭以外で「体の関係を求められる優しい相手」を探してしまう。
でも最初から自分の家庭を壊そうなんて思っていないから、妻子あり不倫相手ありが成り立つ。

 

これがフランス人だとどうなるかというと・・


フランス人の「愛人」「浮気」の本当の意味

フランス人は奥さんがいても子供がいても、愛人や浮気相手を作ることが多いといわれています。
それも遊びではなく「本気の恋愛感情」をもっているから始末に悪い。

 

日本人のように家庭円満で、体の関係だけを求めるセフレの意味はフランス人にとって「愛人」とは言わないのでご注意ください。

 

(このフランス人がいうセフレの意味はまた違うところで説明します)

 

 

 

 

 

フランス人の既婚者は、夫婦愛をとっても大切にします。
夫婦の間がなれ合いになりすぎないように、適度に恋愛初期の恋心を思い起こすような努力と工夫を週末やイベント時、バカンス時に実行することが多いです。

 

そう努力しても体の関係が減ったり、セックスレスになりつつあったら、一緒に生活をするうえで他のもっといい相手はいないだろうか?って考えるようになり、


「愛人探し」に行動を移します。
相手が既婚であろうとそうでなかろうと、年齢差があろうがなかろうがそんなことは二の次です。

 

  • 自分の考えやフィーリングがあうかどうか。
  • 体の関係はあうかどうか?

 

この2つのことがポイントになります。

 

最初は結婚していたら、世間一般で言う「愛人」になります。
でも愛人関係は長くは続きません。
理由は、上の説明のとおり愛人が冷え切った奥さんとの関係にとって代わるからです。

 

この期間がだらだらと長く続くことはありません。
だから離婚率がますますフランスでは増えているんです。
2人に1人は離婚してます。

 

 

日本のように建前や世間体は関係なく、自分の気持ちに誠実なんです。
エゴイスムかもしれない。
だけど恋に忠実で、自由なんです。

 

だからフランス人の男性と結婚できたからと言って日本のように結婚生活安泰という考えはありません。
また付き合っている段階でも、日本人同士の交際のように付き合って3か月ごとによく起こる倦怠期にはとくに注意してくださいね。

 

この時に恋心が下降してくるとフランス人の男性との別れにも繋がってしまう可能性があります。


page top