フランス人男性と即国際結婚はやめとくべき

言葉ができないでフランスへ国際結婚?まずやるべきことはこれしかない!

フランス人との出会いはいいとして、であってすぐフランス語もままならないまま、フランス人と国際結婚してパリへ住む?

 

恋は盲目ってよくいいますけど、こういう日本女性って結構多いです。
フランスによくとよくいるタイプ。

 

現地ですでに暮らしている日本人女性なら、すぐに結婚はしません。

 

フランス人男性がパートナーに興味を失ったら即「離婚」する国民性だということを知っているから。

 

どんなに仲良く見えても離婚するカップルは多いですね。

 

言葉に不自由なくフランスの生活に慣れている人たちでさえそうなのに、言葉もできない、フランスの生活にも全く慣れていない人が、パートナーだけを頼ってフランスへ結婚しに行くのは「無謀」過ぎます。

 

 

もう1つ問題なのが、仕事のこと。

 

日本でどんなにキャリアがあって年収があってもフランスでは日本での業績なんて全く関係ないですから。
まず言葉が最低限できて、周りのフランス人より高学歴であって、フランスでの職歴があるのなら、事務職や研究職に就くチャンスはあるかもしれない。

 

 

ほとんどの人がよくて飲食店や日本人観光客をあいてとする免税店等でアルバイトかな。
それもパリではバイトはそのようなバイトは見つかるけど、地方だと皆無に近い。

 

そういう厳しい状況でも、女性が「専業主婦」でいられる考えはフランス人にはありません。

 

男女平等のフランス。
女性も男性並みに働くことを求められてます。

 

よき母であり、夫を支えるよきパートナーで、愛人のような女性であり、キャリアウーマンであることが求められてます。

 

これって大変ですよね。

 

だから語学ができないならまずフランスでは話にならない・・・
普通の生活するだけでもひとりではできなくなってしまう。

 

夫となるフランス人の助けも常にあるわけじゃないから。

 

まずやるべきことはフランス語マスターでしょ!


フランスの大学での語学学校への入学は日本の高卒資格では不十分?!

どうしてもフランス語も英語もできない・話せないレベルでフランスへ結婚しにいく場合、まずやっておくべきことは、次のとおり。

 

フランス語
副業探し
貯金

 

 

フランス語マスターは必須。
これができないとフランスでは、生活に困る、友達ができない、仕事もできない、大学にもいけない。

 

フランスで仕事を得るには、フランス人と同等レベルのフランス語力。

 

英語のように1年フランス語をやったからといって彼らと同等レベルまでいくかというとそうでもない。
英語よりかなり難しい言語です。

 

 

フランスの大学の語学学校に入学しようと思っても日本の高卒どまりだと、入学はできません。

 

 

日本の高卒はフランスの高卒と同等に扱われないためです。
大学入学の証明証がないとフランスの大学や高等機関には入学資格がないのでご注意!

 

私立の語学学校であれば高卒でも入学できるところもありますが、費用がかかります。
そういう費用はフランス人の夫がだしてくれるとは思わないように。

 

たまにやさしいもの分かりのいいフランス人男性はいますが、たいていはケチ。

 

「食住以外は基本的に自分が働いたサラリーからだす」というのがフランス流。

 

日本をたつ前に手に職をつけるなり、ネットでの副業で場所が変わっても少しでも稼げるようにしておくことが大切。

 

 


page top