国際婚活パーティでフランス人と出会いがない原因

国際婚活パーティーでフランス人男性と成功する人と失敗する人とは?

このサイトでフランス人と出会い作りをしたり、実際にフランス人に会いに行くことは、国際結婚するためには絶対に必要なことって言ってます。

 

でも中には「何度も国際交流パーティーやイベントに参加してもフランス人と出会いがない・・・」って嘆いている人もいると思います。
私も今のフランスの彼と出会う前までにはそんな失敗が山ほどありました。

 

 

100人、200人単位で集まるパーティやイベントであれば、参加者全員のフランス人男性と話すことも出会うことも不可能です

 

でも上手くコンタクトを取っている女性も存在します。

 

パーティーに参加したての頃は、私も心のの中で指を加えて、フランス人男性とコミュニケーションがとれていて楽しそうにしている様子をすっごく羨ましく思っていました。

 

 

どうして私にはフランス人男性が話しかけてくれないんだろう?

 

 

市販で売っている婚活パーティーで成功する方法等の本を読むと分かるのですが、大勢参加のパーティーでは、最初からルックス「偏差値」がいい日本人女性モテルということ。

 

 

確かにお互いがはじめて会う場所。
そうしたら声をかけて話しかけてみたくなる女性といえば、第一印象がいい人ですよね。

 

声をよくかけられる女性は男性と話すことになれているので、コミュニケーション能力も長けています。

 

だから自然にルックスがいい女性がパーティー会場では人気なんです。

 

 

私もそうでしたが、パーティーで声をかけられそうにない女性だとしたら、フランス人男性と出会いを作るパーティーに参加すると同時に、一対一でフランス人と知り合うことができる婚活サイトに登録したほうがいいです。

 

そのほうがフランス人男性と出会えるチャンスは大きく広がります。

 

 


ネットの国際婚活でこれをやらないと失敗します

ネットの婚活で必ずやることはプロフィール欄を必ず充実させる。

 

私が購読していた2冊の婚活マニュアルには必ず書いてあったこと。
「フランス人と結婚のパートナー」を望むのか、「彼氏」を望んでいるのか、自分の目的をハッキリと書く。

 

プロフィールの書き方によっては、自分の希望が高い理想を追い求めすぎている意味にとらえられ、マイナスイメージのプロフィールになってしまうこともがあります。

 

一度はやはりプロの婚活アドヴァイザーにプロフィール作成を手伝って頂くのが最善の方法だと思います。
自分をアピールしつつ、相手に求めることをさりげなく書く技術は意外と難しいんです。

 

 

私がマッチ・ドットコムを利用していた時は、やはり国際結婚のプロのアドヴァイザーに有料でしたがプロフィール作成を手伝って頂きました。
有料といっても1万円でした。

 

働いていればそれほど躊躇する金額でもないし。

 

国際結婚エージェントに実際に登録したら、軽く2,30万円はかかりますから。
それに比べればかなり安く済むし。

 

他の国際結婚や婚活サイトに登録する時も同じプロフィール少々アレンジしながら使いまわしできるし。

 

 

婚活サイトのメリット

 

ある程度の第一印象がきれいな外見を必要とする国際婚活パーティと違って、マッチ・ドットコムやその他の婚活サイトだとプロフィールを読んで、それを理解して

 

興味をもったフランス人男性がコンタクトをとってくるので、ある程度自分が要求することにマッチした男性とコンタクトを続けることができます。

 

これだったら、コンタクトを取っていくうちに第一印象以外にもお互いにいろんなことを話すうちに実際に出会うことまで発展させることは可能です。

 

 

 


国際婚活パーティーでフランス人男性が求める女性

何せ、私も外見はそれほどパーッとするほど魅了するほどではないので。

 

 

フランス人と婚活していた時は、恥ずかしながら婚活に成功するマニュアルも本屋で買ったり、インフォトップで国際結婚を成功するマニュアルも読んでいましたし。

 

全てそこに書かれていたことが自分に当てはまるわけではなかったし、自分個人的に参考にならないこともありましたが、役にたったことも沢山ありました。

 

事前に理解したほうがいい知識は、やはりできるだけ取り入れていたほうが、時間もお金もムダにはならないと思いました。

 

 

 

気に入ったフランス人とコミュニケーションがうまくできない

 

エクシオのスピードデーティングにしろ、国際交流パーティーにしろ、外国人の男性は社交的にコミュニケーションをとるのが上手いです。

 

どんな女性も普通は声をかけてくれたり、目があったら微笑んでくれるのが当たり前。
(時には社交辞令も知らない無愛想なフランス人もいますけど)

 

パッと見やはりきれいな人は、フランス人男性はコミュニケーションをとろうとしてきます。
それが自分が気に入っている人だといいんですけど。

 

そうこうしているうちに気に入ったフランス人男性は他の女性と会話が弾み、結局その人とは知り合う機会もなかったという失敗。

 

普段から引っ込み思案で、聞き手に回る女性の場合、パーティーで積極的に話しかけられてもどのように会話を続けていいか分からなくなってしまったことも失敗の1つ。

 

 

コミュニケーションをうまくとる方法はやはり場になれること

 

 

私も最初の頃はよく経験しました。
パーティー会場で1人取り残された気分。

 

仕方がないから、余っている女性といっしょにとりあえず会話してその場を終わらせた苦い経験もあります。

 

最初の2,3回は知らないフランス人と話さなければいけないので、それだけで舞い上がってしまいます。
場も慣れれば少しは冷静におちついて対応ができるようになります。

 

「いい自分をみてもらいたいっていうエゴを捨てること」
これは相手にとっておもしろい内容か?、英語が通じるかな?とか先の心配をしないで、とりあえず自分が話したいことをしゃべること。

 

このパーティーで絶対にフランス人の彼氏を作るっていう自己暗示をかけないこと。

 

「〜しなければいけない」てい発想が自分にプレッシャーを与えて、パーティー会場でいかにも「婚活目的でガツガツした女性」オーラがでてしまいます。

 

そういう女性はフランス人男性からすると重いんですよ。
出会った最初から「結婚」の責任を意識させるような女性は避けられてしまいます。

 

1度や数回の参加でフランス人彼氏ができることなんて稀です。
何度も参加して場慣れしながら、コミュニケーション能力も社交性も磨いて、フランス人男性が求める大人な女性に近づくことが必要。


page top