アラフォー女性ももてるフランス人と年齢フリーな婚活しよう!

アラフォー女性も視野を広げてフランス人の男性と婚活もしてみれば?

フランス人は離婚が多い国として有名です。
恋愛が自由な国で、不倫も浮気も日本のように法律的に罪に問われないので、アラフォー世代以上でもいくつになっても恋愛している人たちです。

 

特にフランス人の男性は40代、50代の離婚率が多いということがフランスのアンケート調査でわかっています。
結婚や同棲している子どももいて、収入的にまあ安定している。なんとか生活はしていける。
奥さんとも仲がいいし、子供もいる。
そんな順風な家庭を持っている人でも、心が揺さぶれるような恋愛を奥さんと長期間していない男性もいます。

 

そういう時に自分には家庭があるからと一応はモラルを考えながらも、フランス人の男性は偶然の出会いや友人の紹介でハッとするような女性に出会うと恋をしてしまうんですよね。

 

だから離婚率や別れ話が多い。
いちいち離婚や別れで落ち込んでいられない、婚活や恋愛にすぐに走る・・そんな感覚です。

 

(私もフランス人の元夫と30代半ばで離婚していますが、最初はこの世の終わりだと思うほどの超ショックでしたが、そんな年齢の自分でもまだまだフランス人との出会いや恋愛には年齢も離婚歴も問題ないことが経験で理解できました)

 

そうだから国籍にこだわらないのであれば、日本人の男性と婚活しながらフランス人の男性と真面目な出会いも視野にいれて行動するとそれだけ婚活のチャンスは大きくなります。

 

ただ注意したいのが次の点。


アラフォー以上の女性がフランス人の男性と婚活する時のNGポイント

40代以上の女性でも、離婚経験の有無に関わらず、自由に恋愛でき結婚できるのがフランス人の特徴ということはもう知ってますよね。
アラフォー以上ともあって、見た目年齢は20代のピチピチした触り心地の良い滑らかな肌や、肌のハリ、ボディーのぷりぷりさには絶対にかないません。
フランス人は体の関係も多く求める人たちなので、常に見た目の年齢は若さを保つようにそれなりに努力していくのは当たり前。

 

話し方が妙におばちゃんムード丸だしの女性や、エレガントな雰囲気に欠けるガサツにみえるようなおばちゃん女性のような人は、いくら恋愛自由なフランス人男性でもNGです。恋愛対象外。

 

そして、フランス人の男性は、一般的に日本でいう「結婚又は同棲で子どもがいる家庭」を潜在的に望む傾向があります。
自分にも子どもができることが当たり前とかんがえているところがあります。

 

もっと言うなれば、夫婦ともに仕事をフルタイムでもち、子供もいて幸せな各家庭を描いているということ。

 

 

だから30代、40代のフランス人男性でも子どもを欲しい人は女性の年齢や女性の健康面について口には出さないけど考えています。
日本とちがって、子供手当や子どもがいる世帯の社会的優遇措置はいろいろと整ってるので、経済的に貧しくても子供は育てられる環境ということも一役買っています。
フランスでも妊活で助成金がでるのは法律が最近変わっていなければ43歳までです。
ということは、フランスでは43歳前後の女性は子どもが絶対にほしいフランス人の男性にとって、結婚に微妙な女性ということになります。

 

微妙な年齢の女性はよくフランス人の彼氏と子どもについて話せる人を選んだほうが賢明です。

 

そうでないと、子供がいる家庭を欲しいフランス人であれば、交際途中で別れることにもなってしまうからです。
30代、40代以上で本気で付き合っているのに、途中で別れてしまったら、そこからまた新しい出会いを探すのは年齢的にハードルが高くなってしまいます。


page top