フランス人の男性と付き合うまでに彼の心を奪うポイント

フランス人男性と付き合いたいなら胃袋をつかむ!のは間違いな理由

フランス人の働く女性は特に男女平等を求めすぎでかなり強く自分の意見を主張する女性が多い。
フランスに実際に住んでいて、アパート内で隣に住む部屋から女性パートナーのけんか腰の口調の声とかもきこえてくることはしょっちゅうありあす。

 

小道を歩いていても言い争いをしているカップル。
どちらかというと女性側が強気の口調の場面に遭遇することが多い。

 

それほどフランス人女性のイメージは強いです。
だから逆におとなしいというか「奥ゆかしい」日本人女性に惹かれれる、付き合ってみたいと願うフランス人男性も年々増えてます。

 

フランス人女性は基本、専業主婦でいることはありえません。
パートやバイトという概念はフランスにはありませんが、時短でも正規で働く働き方の違いはありますが、何かしら仕事をもっている。または仕事を探している最中である人が大多数。

 

だから夫に家事分担を主張するフランス人女性ってすごく多いの。
男性も家事をやるのは当たり前!って思っているので、料理分担も掃除分担もしっかりと突き付けてくるんですよね。

 

逆に日本人の男性は、基本パートナーや奥さんには「安心感を与えてくれるお母さん」を求めていることが潜在的な意識の中にあります。
だから毎日のお料理に時間かけていろいろなレパートリーを作る家庭の主婦を彼女や結婚相手にもってるイメージが大きくあります。

 

そういう環境で育ってる日本の社会にいると、いざフランス人の男性も好きになって家の食事に誘って自分が料理上手なことをアピールしても特別な女性としては見てくれないことに気づかない
なぜかって?

 

フランス人男性は自分のパートナーに「お母さん」を求めてないからです。
自分のパートナーにはいつまでも美しい、セクシーな女性でいてほしいと願ってます。

 

だからフランス人の男性に夢中になってしまったり、付き合うまでに自分に振り向かせたいなら、日本人のように「男は胃袋をつかむ!」は効果なしです。

 

それよりも彼にどううことをすると片思い中のフランス人の男性をふりむかせることができるのか?


片思い中のフランス人男性とどうやったら付き合うことが成功するのか?

片思い中のフランス人の男性を自分に振り向かせるための一つのテクニック。
それは言葉の使い方

 

例えば男女平等のフランス人の考え方に注目してみます。
家事分担に関しては素晴らしいことだと思うのですが、それをパートナーの男性に要求するときの言い方が問題なんですよね。

 

友人のフランス人の男性たちはよく奥さんや彼女のいないところで愚痴っているんですよ。
そういうのを外でコーヒーをのみながら、電話で聞きながらまーまーっていいながら聞くこともあります。

 

奥さんや彼女からの家事分担の申し出。
これに関してはフランス人の男性も男女平等という考えの中で育っているので、それに関しては特に文句はきいたことはありません。

 

〜するのは当然という言いかたをされると彼女への好きって気持ちもだんだん冷めてしまうときがあるということ。

 

  • 今日は食事つくる当番でしょ?
  • 休みの日ぐらい掃除してよ
  • ゴミ出しぐらいしてよ

 

同棲生活や結婚生活で長くなるほど、パートナーが家事を分担してくれることに感謝してくれない発言になりがち。
ささいなことなんですけどね。

 

  • 食事をつくってくれると嬉しいな?なんか手伝うことある?
  • 掃除を手伝ってくれると嬉しいな!
  • ついでにゴミだししてくるかな?

 

言い方ひとつでパートナーに対する印象もぐっと変わるでしょ?

 

 

レディーファーストが主流なフランス人社会の中、男性が女性にやってくれるのが当たり前ではなく、彼の心をつなぎ止めるための褒め言葉を使うことがポイント

 

フランス人の男性に彼が心地よいと感じる言い方をしながら、男としての自信を与えていく。
これは私が元夫と離婚してから学んだこと。
コミュニケーションで使う言葉を学ぶこと。

 

心理学的に男性は特別に好きという感情は持ってなくても、女性から褒められたり、自信をもたせる言葉をいってくれることはうれしいと感じます。

 

この女性自分に気があるのかな?ともとれる好意的な言葉使い。

 

男性はもともと自分がモテルことに対して好意をもちますからね。
自分がモテルことを自覚させることで、初めてその女性を恋人候補にするかどうか吟味し始めます。

 

時間をかけてゆっくりお目当てのフランス人の男性に、自分といっしょにいることで男性として頼られる、自信をもたせてくれる女性といっしょにいるとほっとできるもですよ。

 

外見を磨くととももに、ちょっとした言葉の使い方で回りの女性と比較される対象になれるところから恋愛対象になるかどうかは始まります。


page top