友達と恋人で使われるフランス語の違い

フランス人と恋愛感情に発展する言葉

友人でしかないフランス人と会うことを重ね、コンタクトを取り合っているうちに、相手の気持ちが恋愛に傾いているときの特徴として、ちょっとした文中や文末のフランス語が変わってきます。

 

フランス人,フランス語,恋人,友達,脈あり

 

よくありがちな例として、話やメールの最後に、「A bientot (ア ビヤント)(友達の間での言葉 “またね”)」から「Je pense a toi (ジュ ポンス ア トワ )」とか 「Je t'embrasse (ジュ トンブラス)」(恋愛感情がある”またね”)を使っている場合。

 

もしそのフランス人と恋愛したいと思っているのなら、同じ言葉を使って返事をすれば、あなたの気持ちはフランス人へ伝わります。

 

この場合は、コンタクトを取り続けて会う回数を増やしていけば、フランス人と恋愛へ発展していく可能性は非常に大きいです。

 

友達関係にあるフランス人とは、会う回数と連絡回数を増やしながら、友達から恋人関係へゆっくるとあせらず発展させましょ!

page top