フランス人と結婚。フランス・日本での苗字変更

フランス人と結婚。苗字変更の手続き方法

フランスの場合

 

在仏日本大使館が発表しているように、フランスでは結婚しても女性は旧制のままでいることが多いので、公的手続きはしなくて大丈夫。

 

フランスの市民籍(日本でいう戸籍謄本のようなもの)も結婚が受理されたときや家族手帳をもらったときと同じく、旧制つまり日本の氏名で登録されてます。

 

 

日本の場合

 

改姓の話をする前に、フランス人と結婚した場合の日本の戸籍はどうなるかというと・・。

 

現在の日本の法律では、外国人は男女かかわらず筆頭戸籍主にはなれません。
だから日本人の戸籍に外国人が加わるという形で登録されます。

 

 

私の場合、私が筆頭主で元旦那の名前は「カタカナ」で書かれてました。
これで公的書類・公的手続き(銀行、外国人登録カード、その他)は何も問題なくつくれます。

 

日本の改姓の場合、結婚後6ヶ月以内に「改姓手続き」を提出すれば、日本の戸籍に新しい氏で戸籍が登録されます。

 


フランス人と結婚。苗字変更しないと公的関係がありにくくなるのか?

私が当時フランス人の元夫と結婚したとき、改姓を変更することによってデメリットはあるか?
ってことをまず考えました。

 

ものぐさだったので、手続きしないでいいのならそのままのほうが楽だったんです。

 

改姓してからも今後ずっと日本に永住するのなら問題はありません。
ただ今後フランスに移住するとなると、「改姓すると、滞在許可証申請時など、諸手続の際に不都合が生じることがある」と日本大使館が発表してます。

 

私もフランス人の元夫と結婚したとき、特に苗字変更のために書類をだしたことは一度もありません。
旧制のままでフランス人の配偶者として公的なことが(銀行カード、滞在許可証、パスポート等)全て処理されます。名前うんぬんの話ではないので安心して大丈夫!

 

だからあえて改姓をしないほうがトラブルをまねかないです。

 

 

銀行口座作り、病院の手続き、健康保険、その他の全ての役所手続きは名前が日本人ってことには注目されないし、問題はない。
問題なのは「フランス人国籍の配偶者」を証明できるかどうかってこと。
証明は、結婚証明書を提出すれば問題ない。

 

 

 

パスポートに関して。

フランス人と結婚していて、夫婦別姓でいる場合、つまり改姓しなくても、パスポートの名前の欄のところに、日本人名の横に括弧でフランス人配偶者の姓を書くことができます

 

 

当初私は、これができることを知らなく、パスポート申請に行ったら、担当の方が逆にパスポートの名前欄にフランス人の配偶者性をいれるかどうか親切にも聞いてくれたんです。

 

もちろんパスポートには元夫の姓を()で書いてもらいました。
こうすることによって、フランスの空港で入国審査を受けるときに手続きが若干スムーズに行く幹事がしました。気のせいだと思いますが。ま、その程度のこと。


フランス人と結婚。将来的に子供のことを考え、苗字変更すべきか?

フランスで住むことになった場合、自分の姓をフランス人配偶者の姓に改姓するか?

 

う〜ん、私はこんな先のことまで当時は考えていなかったので、ずっと旧姓で通してました。

 

フランスの法律では、フランス人と外国籍の間に生まれた子供は、成人するまでは2重国籍をもつことができるので、これでいろいろな公的機関で問題はない。

 

子供が成人するときにどちらかの国籍を決めることになるので、フランス国籍にするか日本国籍にするか、それは親が心配することでなく、「子供が決める。子供の権利」です。
親の過干渉はフランスではNG。

 

フランスでは男性親の姓だけをつけている子供が多いです。最近フランス法では、フランス人と日本人両方の姓をつけることも受領されてます。

 

だから子供の姓は、その親の好き好きです。

 

 

心配なのは子供が日本の姓を持っていたときに、フランスの学校でいじめられないかということ。
名前でいじめられるのは今まで一度もきいたことない。
仮に「名前でフランス人名じゃないと分かっても、日本人ということが分かれば問題の対象にはなりません」。
むしろ「日本人」と聞いてたいていのフランス人は安心すると思います。