パリジェンヌが愛用する化粧品できれいになる!

フランスで人気のある基礎化粧品はナチュラル志向

パリジェンヌ,メイク,フランス,きれい,化粧品

フランス人の男性は手入れのされたナチュラルな肌をもった女性が好み!

 

フランス人のメイクは、結婚式やイベント時を除くと、普通はナチュラルでいることを心がけています。
目を強調するメイクとリップだけのパリジェンヌも多いです!

 

http://beautifullove.info/category15/entry53.html

 

そんなフランスの習慣の中で暮らしているフランス人の男性ですから、ナチュラルメイクの女性と付き合うことが当然!

 

それに、フランス人と付き合っている日本人女性は、綺麗だけど、ナチュラルメイクな人や、ゴージャスなフルメイクをほとんどしていない人を見かけますよね!

 

反対に、基礎化粧品はすごくよく気を使っています。

 

スーパーでも、高級デパートでも、薬局でも必ず基礎化粧品はいっぱい売っています!

 

フランスは日本より年中乾燥しているので、基礎化粧品は潤いを保つ成分にとっても長けてます。

 

だからパリジェンヌのお肌は、ガサガサしていなくつるっとして綺麗にみえるのですね〜。
うらやましい・・・

 

乾燥肌を放置すると、肌がガサガサになり、年齢よりずっと老けて見えます・・・。

 

私も20代や30代のように、あまりお手入れをしなくても大丈夫な肌質ではなくなってきたので、「潤い」成分の入った基礎化粧品はよ〜く吟味していろんな日仏の基礎化粧品を試しました。


フランスで人気のある基礎化粧品シリーズ

パリジェンヌ,メイク,フランス,きれい,化粧品

パリジェンヌに人気のある基礎化粧品で、肌に負担をかける余計な添加物が入っていない製品は、フランスの薬局で売られているもの。

 

例えば、Terra Humanaというシリーズ。
添加物が入ってなくて、混合肌向けタイプ、乾燥肌向けタイプ別シリーズ。
化粧水とクリームだけで、日本円で約4,000円弱。

 

他には、ROC、VICHY、LIERAC、ビオテルム、アベンヌも薬局で専門のアドヴァイスをもらうと、自分の皮膚にあった基礎化粧品を紹介してくれます。

 

私もToulouseにいた時は、日本からもってきた基礎化粧品をつけていたんだけど、日本製品の基礎化粧品は、乾燥が強いフランスではあまり効果がありませんでした。
特に目の周りの乾燥がひどくなって、しわが目立つようになってしまったので、速攻に薬局に行きました。

 

薬剤師に症状を伝え、アレルギー体質も伝えたあとすすめられたのは、アベンヌの商品。

 

これを使い始めると、今まで荒れて痛みもあった目の周り皮膚の症状がおさまり、しわも目立たなくなりました!

 

あと今気になっているのが、メルヴィータというブランドのローズウォーターの化粧水。フランスでもとっても人気のナチュラル基礎化粧品です!

 

嬉しいことに、日本にも輸入されてますよ!

 

フランスでは、病院でも使われています。
殺菌・鎮静作用があって、しわ・たるみ・しみなどに効果あり。
香りも落ち着くローズの香り。

 

このローションを手に塗ると、ほんのりローズの芳しい香りがします。

 

フランス人の彼がそばにいる時や、Hをする前に香水の代わりに耳の後ろやボディーにつけても、ローズのいい香りが漂って、彼を誘惑する手段としても使えますね!

 

何せ、フランス人男性は、女性がつける香りにとっても敏感ですからね。

http://beautifullove.info/category8/entry46.html


フランスで人気のある基礎化粧品に似た、日本製の基礎化粧品

パリジェンヌ,メイク,フランス,きれい,化粧品

日本の大学病院の皮膚科が出している基礎化粧品の中でお勧めなものは・・・。

 

乾燥肌にもアンチエイジングにも合う聖マリアンナの皮膚科が臨床実験・開発し続けている「聖マリアンナブランド」。

 

このブランド製品は、喘息でアレルギー体質の私がつかっても皮膚に悪い影響を与えないし、嬉しいことに夜まで肌がず〜と潤っています!

 

左眉毛の先の皮膚が、毎朝ビリビリ破けていた症状が、完全になくなったので、この化粧品にであってからは、ずっとリピートしてます。

 

私の例はあくまで一つの例ですが、早く自分にあった基礎化粧品を手に入れて、ずっと使い続けられる値段でもあることがいいですね。

 

他にも、日本よりずっと乾燥しているフランスでパリジェンヌが愛用しているオーガニックビオの基礎化粧品を利用すれば、潤いが保てて、肌年齢も若返るかもしれないですね。

 

シャネルとかランコムとか、超一流ブランドに統一して基礎化粧品を使っている人もいるけど、値段が高いのは研究費ではなく、「ブランド名」に対する値段だっていうことは覚えておいてください。

 

使っているブランドが自分の皮膚にあっているのならOKだけど、一度、化粧品会社のアドヴァイスではなく、皮膚科のプロに「自分の肌にあった基礎化粧品」を処方してもらった方がベターですね!

 

似ている肌質の人はいるけど、自分と全く同じ症状の肌質の人はかなりすくないですからね。

 

日本より乾燥が多いフランスのパリジェンヌに習って、薬局がだしている基礎化粧品の方が、肌の潤いを保っていけるのかもしれないですね!


page top