フランス人男性が好むファッションのまとめ

フランスの超一流ブランドと品格

フランスの超一流ブランド店に行って、店員にバカにされたような態度をとられたことありませんか? 含み笑いのような・・・。

 

私は20代前半の時、パリに旅行に行ったとき、知り合いの先生にシャネルのバッグを頼まれていたので、行きたくもないチャネルの本店まで行って、ターゲットのバッグを探し、買うことは成功しました。

 

フランス人,日本人女性,おしゃれ,きれい,ファッション

 

その時の店員の人の、こちらを見ながら馬鹿にしたような笑いとコソコソ話、明らかに私たちのことを話題にしている感じ。

 

二度と行くか、こんな店〜。って思いました。

 

あとでフランスの慣習を聞いて、納得しました。
これって、悲しいことに、超一流のブランド品を身に着けるような品格が備わっていない人に対してされるフランス人的な行為なんです。

 

フランスは超格差社会であって、一般の人たちはシャネルやディオール他の超一流ブランド品を身につけている人、あまりみかけない。

 

お金がないってこともあるだろうけど、買える状況である人でもあまり買わない。
普通の20代、30代の人は行かないショップ。

 

フランスでは、超一流のブランド品を身につけ当然とされている人たちは、元貴族出身であったり、芸術関係者で職を得ている人や、企業の管理職・経営者のみ。

 

だから、逆に普通の家庭出身の10〜20代の日本人女性がブランドを身に着けて、フランスで旅行していると、水商売や売春でお金稼いでんのかな?とか思われちゃう。
ただでさえ盗人が多いのに、自ら「金目のものをとってください」って言っているようなものにも見えてしまいます。

ブランド品が似合う、ある程度、人生経験をしてきた紳士淑女になれるまで、あからさまに「ブランドマーク」のものを身に着けない方が悪目立ちしませんよ。

フランスが好む普段のファッション

フランス人,日本人女性,おしゃれ,きれい,ファッション

 

フランス人のファッションはいたってシンプル。周りのフランス人や、友人をみてもシンプルな色遣いで、普段はスカートを履いている女性はほとんどみない。

 

休日はジーンズにトップスを合わせる感じが多い。
企業で仕事をしている人は、ジャケットを上に羽織る人が多い。

 

パンツが流行していることも原因ですが、セクハラ・強姦等、社会的な問題もあるので、パンツ姿のフランス人女性が多いとも言われています。

 

フランス人の友人は、ファッションは自由なのでスカートでもパンツ姿でもその人に合っていればいいこと、と言っている。ただ、子供っぽい服装・色はNG。
なんてったって、セクシーな女性を重んじるフランス人ですから。

 

ただ、ミニスカートやヒール高いヒールも普段では身に着けない方がベター。だってフランスでは娼婦のかっこうですよ。

 

フランス人,日本人女性,おしゃれ,きれい,ファッション


page top