フランス人の彼氏はいびきをかく日本人女性にビックリを隠せない!

フランス人男性も幻滅・・いびきをかく彼女

知ってますか?

 

フランス人って結婚してもずっといっしょに一つのベッドで寝ます。日本人のように夫婦別々のベッドで寝るとか、他の部屋で寝ることはありません。

 

どうしてかというと夫婦生活ではセックスライフもペートナーと大切なポイントだからです。

 

そんな時にもしイビキをかいてしまったら・・・?
数回なら、人間だからお酒を飲んだ時や疲れている時、ストレスを感じているときにイビキをかくのは仕方ないこと。

 

でも意外と最近女性のイビキに悩まされている男性が増えているんですよ。

 

 

付き合ったばかりの時は、さすがにフランス人の男性も何もいわないこともありますが、あまりにイビキが慢性的だと、やはりそれについて不満がつのりますよね。

 

お泊りデート中でひどいイビキをかいてしまったら、せっかくいいな〜と思っている女性なのに、イビキを聞くことによって恋心も冷めてしまう場合もあります。

 

結婚していると少なくともケンカの原因にもなるし、相手にも幻滅されちゃう。
「好き」って気持ちが下がってしまったら、当然また次の女性を探すのがフランス人だから、そうならないためにもイビキ防止対策は付き合う前から十分やっておいて損はない!


なぜ最近は女性のイビキが増えているのか?

最近は30代、40代以上の女性でもアンチエイジングやお肌の手入れ、ダイエットできれいな容姿をもつひとがいっぱいいますよね!

 

イビキをかく人物の特徴というと、まず頭に浮かぶのは「太っている人」というイメージがありますよね。

 

これは確かなことですが、それ以上に増えているのが20代、30代の若い女性のイビキ。
その原因で一番多いものとして、

 

  • 小顔の女性が増えている
  • 花粉症やアレルギー鼻炎
  • 仕事上の過度のストレス
  • 若年性の更年期障害

 

最近、小顔の若い女性をよく見かけますが、顔が全体的に小さいといういことは当然アゴも小さく、寝る時は舌のつけ根部分が奥へ落ち込み、ノドの気道が狭くなるので、アゴが小さいと気道も小さいので、空気の通りが悪くなるため若い女性でもイビキをする人が多くなっています。

 

花粉症やアレルギー、呼吸困難になる喘息患者が増え続けているのも昔と比べてイビキの女性患者が伏せている原因です。


フランス人の彼氏と出会う前からイビキ対策はしておこう!

フランス人の彼氏にイビキが原因で見放されたくないですよね。
喧嘩もしたくありませんよね。

 

誰でもひどく疲れていたり、ストレスがあったり、花粉症やアレルギーの人、子顔の人は、フランス人の彼氏といっしょんに寝る前にイビキをかかないように訓練しておくことがポイント!

 

イビキ予防方法

  • 横向きに寝るだけでものどの気道が確保され、イビキをかきにくくなります。
  • 市販で売っている鼻腔拡張テープ、口呼吸改善テープで試してみる。
  • イビキ防止専用枕で安眠確保!

 

ただし鼻が詰まりやすい人や鼻炎もちの人は口呼吸改善テープは呼吸ができなくなります。
そういう場合はイビキ防止の専用枕を使って、事前にぐイビキをしないでっすり眠れるかどうか試してみてくださいね。


page top